脂肪溶解注射で手軽に痩身効果をゲット|安心確実の方法

笑顔の医者

副作用やダウンタイム

注射と女性

美容整形を利用してダイエットをしたい、と思っている女性は多くいます。これらの希望を大きく二つに分けるなら、「全体的にダイエットをしたい」「気になる部位だけダイエット」に分けられるでしょう。もちろん、さらに細かく分けることもできます。これらの願いを実現するためには、それぞれの理想とする結果に合わせた手段を選んでいくことが大切になります。
なかでも部分的に痩せたいというのであれば、脂肪溶解注射という施術がおすすめです。部分痩せを実現するためには脂肪吸引などの方法もありますが、脂肪吸引では大掛かりな手術を必要とするため、気が引けてしまうという人も多いのではないでしょうか。実際の施術時間が5分から10分程度で終わる脂肪溶解注射であれば、気負うことなく痩身術を受けることができます。

脂肪溶解注射は脂肪を直接溶かして流してしまう施術のため、すぐに効果を実感できるばかりか、脂肪細胞の数が少なくなることからリバウンドの心配もそれほどない画期的な痩身術です。もちろん、そんなすごい施術なので副作用もある程度はあります。
ただ、副作用といっても脂肪溶解注射に使用されている薬剤はFDAも認めるほど安全性の高いものなので、強く出ることはほとんどありません。
例えば、軽い腫れやむくみ、内出血などが副作用として生じることがあります。これは、脂肪溶解注射をした直後から薬剤が効果を発揮し、脂肪をどんどん破壊していくからです。そのため拒絶反応などではなく、痩せていくために必要な症状ですので安心することができます。また、このような副作用が出てもほとんどの場合は化粧でカバーすることができるため、日常生活には影響がありません。ダウンタイム期間は化粧や服装によるカバーで乗り切ることができます。また、カムフラージュメイクを指導してくれる美容外科も存在します。ただ、人によっては腫れが酷くなるケースもあるため、留意は必要です。
このような副作用が数日経っても引かないようであれば何かしらの対策が必要となるので、医師に相談するようにしましょう。

脂肪溶解注射に使用される薬剤には、アレルギーが存在します。まず挙げられるのが、大豆アレルギーです。薬剤の主成分であるフォスファチジルコリンは大豆から抽出されるものであるため、大豆アレルギーを持つ人は脂肪溶解注射を受けることができません。そのため、施術の前には必ずパッチテストが行われます。
また、大豆アレルギーではなくとも、痒みや気分不良などのアレルギー反応が出ることがあるのです。このような症状が出た場合は、二回目以降の施術を控えた方がよいので、医師にきちんと相談するようにしましょう。