脂肪溶解注射で手軽に痩身効果をゲット|安心確実の方法

笑顔の医者

太ももの脂肪を取ろう

ウェストと太ももに黒いライン

適度な運動や甘いものを控えるなどの食事制限、テレビや雑誌などで連日放送されている「簡単なダイエット法」など、さまざまな方法を試しても十分なダイエット効果が得られない。そんな女性の多くが最後に頼るのが、美容整形です。多くの場合は最後の手段として頼るものである美容整形ですが、「痩せたい」「美しくなりたい」という思いから発展した分野であり、正しい施術を行えば高い痩身効果を得ることができます。
もちろん美容整形であればなんでもいいというわけではなく、その人に合った方法、その人が望む結果を実現できる方法を選ぶことが大切です。
例えば痩身のなかでも、全体的に太っているのでしっかりと痩せたい、顔や体などはそんなに太っていないのだけど下半身だけ妙に太っているので部分痩せをしたい、などと人によって希望は異なります。それらの希望に合わせた施術を選択することで、確実に痩せることができるようになるのです。

部分痩せを願っている場合でも、その部位はさまざまにあります。例えば、二の腕は定番です。しっかりダイエットしているはずなのに二の腕だけいつまでもプルプルしている、という人は多くいます。また、お腹やお尻も「この部分だけ脂肪を取りたい」という願いが集まる箇所のひとつです。これらの部位は脂肪が溜まるとなかなか隠せるところではないため、コンプレックスにもつながってしまいます。
太ももはお腹やお尻と同様に脂肪が溜まりやすい場所で、油断すると一気に太くなってしまうでしょう。そうするとスキニーパンツや短いスカートなどのオシャレをするのも難しくなってしまい、丈の長いスカートや緩めのズボンで誤魔化すということになります。溜まり始めた脂肪を放っておいてしまうとセルライトができてしまうこともあり、ただ太いだけでなく見た目にもコンプレックスとなってしまう可能性があります。

太ももの部分痩せを狙うなら、脂肪溶解注射と呼ばれている痩身術がおすすめです。
太ももであれば、脂肪吸引を利用しても痩せることはできます。しかし脂肪吸引であれば、メスで皮膚を切ったあとにカニューレと呼ばれるチューブを挿入して脂肪細胞を抜き取っていくため、不安に感じる人は多いことでしょう。そういった人には、特に脂肪溶解注射がおすすめなのです。
脂肪溶解注射は、フォスファチジルコリンと呼ばれる有効成分を中心にした薬剤を注入することによって脂肪細胞を溶かし、押し流してしまうという治療法です。脂肪細胞を直接取り除くことができるという点では脂肪吸引と同じで、肥満の元となる細胞がそもそもなくなってしまうため、リバウンドの心配もかなり少ない施術だと言えます。また脂肪溶解注射では、ただ脂肪を溶かすだけではなくセルライトを取り除く効果もあり、きれいな太ももにしたいという人にもおすすめです。

脂肪溶解注射では、一気に薬剤を注入することはないため、部位によってはすぐに効果が現れるものでも、部位によっては何度か繰り返し施術を行う必要性が出てきます。太ももの場合は後者で、太ももは脂肪の溜まる範囲が広いことから、何度か美容外科へ通院して注射を行っていきます。目安としては、2週間に1回の施術を6回、合計3ヶ月かけて施術が行われていきますが、事前にどれくらいかかるかというのを医師としっかり相談しておくのがいいでしょう。