脂肪溶解注射で手軽に痩身効果をゲット|安心確実の方法

笑顔の医者

薬剤の安全性

注射を注入する様子

注射を用いて有効成分を注入するだけで、思いのままに痩身効果を得ることができる脂肪溶解注射。脂肪吸引では脂肪の除去が難しかった箇所でも脂肪溶解注射であれば脂肪の除去が可能で、また二の腕や太ももなど、気になる部分に狙いを定めて細かく痩身効果を得ることもできます。メスを使わずに脂肪を効果的に除去できるというのも魅力的で、美容整形の施術に少し尻込みしていたという人でも安心して挑戦することができます。脂肪溶解注射の効果はすぐに現れるため、確かな効果をすぐに実感できるというのも嬉しいところです。

ところでこの便利な痩身術である脂肪溶解注射、安全性は確保されているのでしょうか。
結論からいえば、非常に安全性の高い治療法となっています。
脂肪溶解注射は、脂肪吸引よりも手軽に行える施術であることから比較的新しい感じもしますが、意外と歴史は古くて、1952年のフランスにて開発されました。以後、ヨーロッパを中心にこの痩身術に対する人気は高まっていき、ドイツやスペイン、もちろん日本も含め、19ヶ国で使用されています。治療の手軽さと効果の高さから、今後もほかの国へ伝わっていくことでしょう。
このように多くの国で使用されていることから、脂肪溶解注射は安全性が高いものだと言うことができます。特にドイツは美容に対する意識が高く、薬事法は世界一堅いといわれており、そのドイツで認められているというのはなるほど安全だと納得することができます。

薬剤の点からも、安全性を見ていきます。
脂肪溶解注射にて注入される成分は、フォスファチジルコリンと呼ばれている薬剤です。この薬剤は、脂肪細胞に注入することでその細胞を破壊する効果を持ち、破壊され溶解された脂肪細胞はリンパの流れに乗ってそのまま体外へ排出されていきます。その際、脂肪細胞以外には影響を及ぼさないため、安全性は高いと言えます。また、この脂肪溶解注射も一気にフォスファチジルコリンを入れ込むのではなく、体が過剰に反応しないように少しずつ注入していきます。そのため副作用が出ることは少なく、ダウンタイムもかなり短くなっています。
脂肪を破壊したあとのフォスファチジルコリンはどうなるのでしょうか。フォスファチジルコリンは体内を循環して肝臓に到達した時点で肝臓にて分解されるため、体内に残ることはありません。このようにあとに残らない成分であることから、フォスファチジルコリンはFDAからも認可されているのです。
フォスファチジルコリンを中心とした薬剤の主成分がレシチン、というのも安全性が高い理由のひとつとなっています。レシチンは大豆から抽出されるもので、アミノ酸のひとつであり、体にとって必要な成分のひとつでもあるのです。